自己効力感が低いままビジネス続けてはいけません。それ、無免許運転といっしょなので。心をキレイに磨いてから出直しだ。

人間活動に専念します
社長ブログ:きくぞう3.0編

人生は気のもちよう。ビジネスの成否を決めるのはマインドセットが9割だ。 もしいま、自分の「心」に自信がないなら、メンタルの浄化と強化が先決。 社会的ステイタス向上につながる豊かなライフスタイル実現のカギは、アタマよりココロ。 人間力を磨くところにしか答はないのだ。

あなたが成功できない原因は
98%メンタルにあり

自己効力感を高めます

自己効力感セルフエフィカシー)という言葉、
もし聞いたことなかったらここで覚えてほしい。
自己肯定感と似ているけれど少しちがう。
ココロのはたらきが人生に及ぼす影響はわれわれの想像をはるかに超えていて、
あなたが成功できない原因の98%はメンタルにある。
正確に言うなら自己効力感が低いからだ。
逆にいうと、メンタルさえ強化てきれば、
なんでもかんでもうまくいくっていう話。
きくぞう3.0はそう信じてるからカウンセラーになった。
(カウンセラーというより、
新たな方向性としてはメンタルトレーナーというほうが近い。)
会社をつくって20年余、
つねに最先端の技術革新が求められるITの業界で社長業をやって、
安定してずっと稼ぎっぱなしというぜいたくな経験を積んだ後、
あんまり儲からないのは覚悟の上でカウンセラーになった。
お金も好きだけどそれだけじゃないってこと。
万年黒字で無借金で堅実に利益を出しつづけることができたのは、
メンタルのととのえ方を知っていたからと断言できる。
心が貧弱なら人生の価値は半分もないと思わないかな?
きくぞう先生のメンタルトレーニングを受けて自己効力感に向きあい、
心の調子をととのえて成功確率を上げたい人、
または、
自分自身がトレーナーとして、まわりの仲間を励まし、勇気づけ、
成功にみちびくお仕事をしたい人。
このサイトは、
そのどっちかに当てはまる人のためにあります。
セラピー? カウンセリング?
コーチング? コンサルティング??

レジリエンスを鍛えます

カウンセリングって聞くと、
メンタル病んでる人が受けるやつっていうイメージが一般的かもしれない。
そうではないけど否定もしない。
きくぞうは、
キャリアコンサルタントで産業カウンセラーなので、
コンサルティングとコーチングとカウンセリングを使い分けてるけど、
このごろメンタルトレーナーと名乗っているのには理由がある。
ビジネスの現場で戦えるメンタルの強度が基準だからだ。
あなたが「繊細さん」で感じやすく傷つきやすいとしても、
自己責任で開業した以上、
戦場におもむいたのと同じで、いちいちそういうのは考慮されない。
雇われの職場とは事情がちがう。
大きな打撃を食らったとしても、
はじめから折れなかったのと同じくらい、
即座に自分で自分の心を修復できる力、
強い心をつくることのほうに興味がある。
レジリエンスとは復元力のこと。
きくぞう自身、
レジリエンスを自己ベストまで高めることを常に心がけているのだが、
あなたにもその習慣をつくってもらいたい。
事あるごとにオタオタみっともない自分とはお別れ。
カウンセラーとメンタルトレーナー、
コーチとコンサルタント、
こちらは役割の「ちがい」を意識してるけど、
相談する側のあなたは知らなくていい。
ただのおしゃべりのような感じであっというまに終わることもあるけど、
やっぱりなんかが見つかる貴重な時間。
なんか見つかって、あしたから変われる。
早くこたえを教えてほしいココロか、
自力でこたえにたどりつきたがっているココロか、
こっちで空気感でわかるから。
あなたが何者であっても、どんなステージにいても、
ココロをすっきりさっぱりさせて、
あしたから変われる準備をととのえるのがわたしのお仕事。
まずは気の向くままに話してもらえたらそれでいい。
 
自分の人生、誰にも振りまわされるな、かきまわされるな。会社にしがみつくな、えらそうに指図させるな。 お金の心配をなくしたければ方法は2つ。稼ぎ方を学ぶか、心を図太く鍛えるか。 どちらか一方ではダメで、どっちも必要。だから、どっちも教える。両方のバランスをここで教える。