ココロが迷路になってたら、ぐるぐるまわって消耗するばっかりじゃないの? ひとりで抱えてたらやっぱりね。

心の天気を晴れにして現場に出よう
自立、自活にこだわるタフな生き方

愚痴が止まらなくてもいいでしょう。 ひどい上司、許せない母親、いっしょにいる意味のない夫婦生活、ハラスメントてんこ盛りの人間関係、しんどいだけの日常‥‥、いいでしょう。 どしゃぶりの心で、この世の不幸をぜんぶ背負いこんで来てください。 心がふたたび上を向くまで、現場に出て闘えるようになるまで、きくぞう3.0が引き受けます。


カウンセラーになりたい方の開業相談もこちらからどうぞ

相談ガイド──はじめてのカウンセリング

サイトご訪問ありがとうございます。
カウンセリングを身近で親しみやすいものにするために
オンラインで相談業やってます。
初回お試し無料(55分)で、
商品の売りこみ等はいっさいありません。
秘密は完全に守られます。
タダだからって
いらずらで申しこむのはやめてください!
‥‥と言いたいところですが
ぜんぜんかまいません。
いらずらしたい気分のとき = カウンセリング受けたほうがいいとき
ともいえるので。
メンタル強くない人すべてが対象です。
下の「オンライン相談に申しこむ」ボタンで
次のページへ進んでください。

オンライン相談に申しこむ

きくぞう3.0 カウンセリングの特徴

このページから
きくぞうのカウンセリングを申しこまれるということは
「人間活動に専念します」ブログの記事を
いくつかは読んだ方なんだろうと推測します。
株式会社セカンドハーフの
他のページものぞいてみられましたか?
だいたいの雰囲気つかんどいてもらえたら。
きくぞう3.0は
はじめのうちこそ
基本に忠実なセラピーを心がけていましたが
だんだんスタイルが「らしく」変わってきまして
いまはカウンセラーというよりも
メンタルトレーナーというほうが似合うようになってます。
うじうじ、めそめそ、じめじめ‥‥
そんな話に
やさしく寄り添って
うんうんと聴いているのはせいぜい3回まで。
4回めには
>で?
>これからどうしたいですか?
>3年後にはどうなっていたいですか?


心を上向き誘導させていただきます。
ビジネスの現場にあなたを戻すことが先決。
あなた自身が自分の心と向きあって
答を導きだしたほうがいいのはもちろんですが
傷つくことを恐れるあまり
人間関係を遠ざけてしまうのは得策ではない。
スキあらば背中ポン‥‥のスタイルですね。

2回め以降のカウンセリング

初回カウンセリングにかぎりお試し無料で料金はかかりませんが、
2回めから有料(下記/税込)です。
きくぞう3.0
25分:4000円
55分:8000円
コトバの彩さん(アソシエイトカウンセラー)
25分:2000円
55分:4000円

※銀行振込、PayPal、クレジットカード(PayPalアカウントが必要)でのお支払いが可能です。


ハラスメント大国ニッポン
カウンセラーがぜんぜん足りない

カウンセラーとして収入を得たい!

はじめはセクハラから、次が確かパワハラで、モラハラ、マタハラ、ジェンハラ‥‥などなど、 いまやハラスメントの種類はどんどん増えてる。 オワハラ、ケアハラ、パーハラ、ラブハラ、エイハラ、アカハラ、 マリハラ、ブラハラ、リスハラ、スモハラ、アルハラ、ジタハラ、ソーハラ‥‥
>そんなつもりじゃなかった
では通用しない世の中で、あなたもある日とつぜん加害者に。 相手に不快感を与えることがオール悪となりました。 ココロって、ほんとうは強いものなんですけども、 ほっとくと弱ってしまうものだし、 メンテナンスの方法を知らなければ弱りっぱなしになるものだし、弱りっぱなしの人が大多数のニッポン。
傷つきやすく折れやすく沈みやすい
ハラスメント大国の日本では、ココロは弱いという前提。 つまり、カウンセラーが活躍するフィールドは広すぎるほど広いはずなのに、 そのわりにカウンセラーってまわりに見あたらないし、 ちゃんと生計が成り立っている専業カウンセラーはごく一部にかぎられる。
占い師がついでにやってるとか。
メンタル不調って、うつ病とか、統合失調症とか、そんなヘビーな状態を指しているのではないのに、 どうもカウンセリングって、弱い人がすがるとこって印象があって、 コーチングの前向きさにくらべても暗すぎです。
そこ、ちょっと変えません?
心がしんどいときに、いちばん先に頼りにされる存在がカウンセラーですから、 誰だって心がしんどいことってあるわけで、 体育会系の猛者男がカウンセリングに通ってたら違和感‥‥とか、おかしいんです。 カウンセラーはもっともっと身近にいてほしいし、明るい悩み、前向きな迷いも聞いてほしい。
ネットで気さくに話せるカウンセラーがもっと増えていい
不動心100%の人間なんてこの世にいないです。 心が強くない人は、すべてカウンセラーの潜在顧客ですから、 ふだん元気そうに見えてても心は風邪をひいてたりするものです。 不調じゃなければOK‥‥ではない
ゴールはメンタルタフネスです。

もったいないパターンの典型
資格あるのに収入につながらず

ショウゾウさん(=きくぞう3.0)は、プロのカウンセラーになりたくて、国家資格キャリアコンサルタント産業カウンセラーを受験。 しかしどちらも一発合格できず、補講を受けたり、自主的な勉強会(たいてい丸一日つぶれる)に何度も通って教材も買って、 大ベテランのカウンセラーに直接指導してもらったり、傾聴講座を受講したり、自己投資は合わせると80万円を超える。
お金はともかく時間がかかりすぎ。
合格の条件として一定の実習時間が設定さているので、どれだけ効率よく勉強しても短縮できないし、週末に予定が入れられないのもちょっと痛い。 結果としては、みっちり傾聴の練習ができたので惜しいと思ってないし、 さすが産業カウンセラー養成講座は長い歴史と豊富な実績を誇るだけあって、あれほどしっかり傾聴を教えてくれるところはなかなか他に見当たらない。
なのに同期は誰もカウンセラーになってない
あんなにお互い苦労して何年もかけて合格して資格を取ったのに、プロになるどころか、なんの活動もしてないし、 1円の収入にもなってない人が9割以上の大多数だなんて、もったいなさすぎ。 わたしが資格を取ってすぐに収入に結びつけることができたのは、ネットで集客する手順を知っていたから。ただそれだけ。 サイト立てて、ブログ書いて、ランディングページ作って、YouTube動画編集して配信して、SNS投稿して‥‥って、 いまどき主婦でも学生でもやってるようなことばかり。しかも、ぜんぶ自宅にこもってできることばかり。
ぶっちゃけ、カウンセラーやコンサルタントになるために必要な資格なんてない。
わたしが、きくぞう3.0の名前で立ちあげた『人間活動に専念します』サイトは、 いままで数え切れないくらいの人に読まれ、愛され、反響もそれなりに大きく、 命の恩人だとまで言われて感謝されたことあるし、ブログ読んだだけでわたしのことを師匠と呼んでいる人がいまでも何人もいる。
メンタル救済のミッションはすべてそこに詰めこんだ。
このブログを書き始めたころ、メンタル系の資格は取ってなかったし、 いまでは自分の仕事をカウンセラーではなく、メンタルトレーナーだと言ってる。 あなたの稼げない原因が、もしマインドセットにあるなら、ビジネスで戦えるステージに上がれるまで、わたしのメンタルトレーニングを受けてほしい。 挫折の原因が心の弱さだったかどうかは自分で判断したらいい。 簡単に稼いでいる人を見て、技術の差じゃなくてメンタルで負けてるわって実感があるなら来てほしい。 そんなんでビジネスのリングに上がったって怪我するだけだから。商売をナメてはいけない。
ぶんなぐられて鼻の骨へし折られてもしらんぞ。
Zoomが変えたカウンセリングの常識
潜在顧客100倍増で大チャンス到来

カウンセリングは、カウンセラーとクライエントが2人きりの密室で行われます。
優れたカウンセラーは、クライエントの表情、視線、しぐさ、姿勢、どんな小さな変化も見逃しません。 衣服、持ち物、すべてに心の内面が反映しますから、すべて重要な情報。
なのでオンラインのセッションには否定的なカウンセラーも少なくない。
けれどそのためにカウンセリングを受ける機会が減ってしまうなら本末転倒。 まずはカウンセリングってどういうものか、心の抵抗を減らしてなじんでもらうことが先決。 心療内科を受診するよりずっとラフな、よりどころがもっとたくさんあったほうがいい。
プロを目指して修行中のカウンセラーにとって、いまは絶好のチャンス。
クライエントと2人きりなれる個室環境が必要と考えられてきたために、 お金をかけて部屋を用意しなければなりませんでした。 金銭面でも心理面でも、カベが高すぎて手が出せず。
はじめにカウンセラーの心が折れていたのです。
しかし、2016~17年ごろから、無料で使えるZoomというオンラインコミュニケーションのツールが広まりはじめ、 状況が一変しました。スカイプが主流だったころにくらべ、潜在顧客が何倍にも広がったからです。 さらに2020年に世界を襲ったコロナ禍がこの流れを決定づけました。
この勢いはトラディショナルな正統派カウンセラーも無視できません。
ショウゾウさん(=きくぞう3.0)のオンラインサロンでは、平均的な職業カウンセラーの2~5倍の収入が得られるビジネスモデルの構築を推奨しています。 ちょっと聞いただけでは「そんなバカな」「なんかあやしい」と思われがちなのですが、いえいえ、ポートフォリオワーク百戦錬磨のショウゾウさん、 こざかしいウソはつきません。 初回無料カウンセリング55分の枠の中で、 あなたの疑問をきれいに払拭しますので、下のボタンからすぐお申しこみください。

オンライン相談に申しこむ